早川歯科医院:板橋区志村三丁目

早川歯科医院 早川歯科医院 トップページへ戻る アクセス サイトマップ
ご予約・お問い合わせ
早川歯科医院
早川歯科医院

早川歯科医院の特長

  • 最新医療環境設備
  • 衛生面の徹底管理
  • インフォームドコンセント

診療の流れ

診療内容

  • 一般歯科
  • 口腔外科
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 口腔筋機能療法(MFT)
  • 審美歯科
  • ホワイトニング

料金表

スタッフ紹介

よくあるご質問

アクセス

早川歯科医院
早川歯科医院 早川歯科医院

早川歯科医院 早川歯科医院の特長

早川歯科医院
早川歯科医院の特長
早川歯科医院

最新医療環境設備

一般歯科から審美歯科のすべてにおいて、患者さまへの負担が少なく、効果的な処置が期待できる最新の医療機器を導入しております。
詳細はこちらから
早川歯科医院

衛生面の徹底管理

安心してご来院いただけるよう、徹底した衛生管理をおこなっています。
詳細はこちらから
早川歯科医院

インフォームドコンセント(納得できる診療)

「さまざまな治療方法の中で選ばれた選択肢がその人にとって最も適切な処置であるのか」について真摯に向き合います。
詳細はこちらから
早川歯科医院 概念図

個室 早川歯科医院 個室
患者様のプライバシー保護のため、
また矯正処置などのスペースとして個室があります。
(原則として保険外処置のみ使用させていただきます)
早川歯科医院
デジタルレントゲン写真

当院では、歯科医院にて主に撮影するお口全体のレントゲン写真(パノラマ撮影)、矯正用レントゲン写真(セファロ撮影)、部分的な歯の写真(デンタル撮影)、すべてのレントゲン写真をデジタル化しました。より鮮明なレントゲン写真に加え、従来のレントゲン写真からさらに被爆量を抑えた撮影が可能になりました。
正確な診断に大きく寄与する有力なツールとして活用しております。

デジタルレントゲン写真 早川歯科医院 デジタルレントゲン写真
早川歯科医院
動画による治療説明

当院では診療台(ユニット)の画面を用いて、レントゲン画像だけでなく患者説明用ソフト(NEO DENTAL i)を使用した動画による治療説明を行っております。

動画による治療説明   動画による治療説明
早川歯科医院
レーザー治療

当院では、炭酸ガスレーザーによる治療をおこなっています。炭酸ガスレーザーは軟組織(歯ぐき)に効果的な作用があり、知覚過敏、慢性的な歯ぐきの腫れ、あるいは入れ歯が当たるときにできる傷の回復に大きな効果が期待できます。当院では高出力レーザー(ヨシダ製オペレーザープロ)を使用しているため、出血が少なく傷の治りが早いことが特長です。

早川歯科医院
炭酸ガスレーザー
炭酸ガスレーザー
OPELASERPRO
画像提供:株式会社ヨシダ
レーザー治療 早川歯科医院 レーザー治療
早川歯科医院
口腔内カメラ

当院では最新式の口腔内カメラ(ヨシダ製インテリビジョン)を採用しています。今までの口腔内カメラでは難しかったズームアップや自動ピント調整機能を備えており、撮りたい画像が鮮明にモニターに映し出されます。患者さま一人ひとりのデータを蓄積できることも大きな特長です。

早川歯科医院
デジタル口腔カメラ
デジタル口腔カメラ
intellivision
画像提供:株式会社ヨシダ
口腔内カメラ
早川歯科医院
パウダーポリッシング

当院では、従来の研磨剤だけでは難しかったステイン除去にNSK社製Prophy-Mate neoを採用しています。口腔内での味の悪さを解消させたナトリウムフリーの新素材パウダーを歯面に直接噴霧することで汚れを除去します。歯面がツルツルになることで、再び汚れが付着することを予防する効果も期待できます。

早川歯科医院
ページトップへ戻る

衛生面の徹底管理

当院では、治療に対する患者さまのストレスをできるだけ少なく、常に最適な環境で安心して受診していただけるように心がけています。
スタッフへの徹底的な衛生指導はもちろん、治療器具、患者さまの肌に触れるものすべてに対して配慮し、多くの患者さまから院内環境に対する揺るぎない信頼とご支持をいただいております。
早川歯科医院
滅菌パック
当院では基本診査セットは個別包装を行った上で滅菌しております。さらに紙コップや使い捨てエプロンの使用により衛生面の徹底化をはかっております。
滅菌パック
早川歯科医院
空気清浄機を完備 早川歯科医院 スリッパの除菌 早川歯科医院 使用器具の衛生管理
空気清浄機を完備
診療室内には(粉塵対策のため)空気清浄機を配置しています。
 
スリッパの除菌
入り口の前には紫外線除菌されたスリッパが用意してあります。扉を開けてご使用ください。
 
使用器具の衛生管理
基本的に診療に使用する器具はすべて高圧蒸気滅菌(オートクレーブ)しています。
早川歯科医院
抜歯用道具 (刃物)の衛生管理   感染への対策   歯科スタッフの衛生管理
抜歯用道具
(刃物)の衛生管理
抜歯用の道具など刃物はオートクレーブにかけると刃先が痛むため乾熱滅菌しています(滅菌の効果はオートクレーブとほとんど変わりません)。
 
感染への対策
上の2つの滅菌器に加え、グルタールアルデヒド液での薬液殺菌することにより、感染対策に細心の注意を払っています。
 
歯科スタッフの衛生管理
ドクター・スタッフともにグローブ着用はもちろん、オスバン液にて手指消毒を徹底しています。
ページトップへ戻る

当医院が考えるインフォームドコンセント

歯科医療の観点から、インフォームドコンセント(納得できる診療)を成立させる上で重要な3つのキーワードを説明いたします。
早川歯科医院
EBM(Evidence Based Medicine)・・・論拠にもとづいた診療
同じ症状でも、それぞれの患者さまが重視する点(見た目・金額・予後)によって、選ばれる治療は異なります。歯科医師は経験則だけでなく、データや実績にもとづいて信頼できる治療方法を提示し、患者側から充分に理解を得たうえで診療を始めなければなりません。インフォームドコンセントを成立させる要件として、歯科医師には医学的な根拠にもとづいた複数の治療方法を提示し、患者側の希望に沿った治療をおこなう義務があります。この考え方による診療をEBMといい、インフォームドコンセントはEBMにのっとったものである必要があります。

また、治療にかかる金銭的な考え方も、個人によって差があります。
歯科診療は外面的な処置が多く、他科よりも費用がかかるために保険内診療と保険外診療の混合対応が認められているので、特殊な治療や長期間における診療となるケースではとくに、金銭的な負担にならないよう遠慮なくドクターにお申し出ください。
早川歯科医院
2nd Opinion(セカンドオピニオン)・・・第三者からの意見
たとえば「ある医師に歯を抜くようにすすめられたが、できれば残したい」という患者さまの意向を受けて、残す方法で提案した他の医師の意見を「セカンドオピニオン」といいます。医療において深く浸透している考え方であり、複数の意見を聞いたうえで自分がもっとも納得できる治療方法を、自分で選ぶことを意味しています。
早川歯科医院   早川歯科医院
自分の希望する治療方法を提案した医師にすぐバトンタッチするのではなく、それぞれの治療におけるメリットとデメリットを考え、患者さまに最善の提案であると考えた各医師の方針を聞いたうえで、あらためて治療方法を考え直しても、遅くはないでしょう。
当院ではセカンドオピニオンに関する文章作成は保険内料金で対応しております。(別途診断料および検査料はかかります) 現在通われている歯医者さんで疑問に思うことがあれば、当院にご相談ください。 患者さまの訴えに対する当院の治療方針を文章にまとめます。
早川歯科医院
QOL(Quality Of Life)・・・生活の質
直訳すれば「生活の質」や「人生の質」とされます。 医療分野で重要視される考え方であり、歯科医療では歯を抜いたあとの処置に焦点が当てられています。
保険診療では「入れ歯」か「ブリッジ」という選択肢になりますが、どちらの処置も一長一短があります。入れ歯では、装着したあとの違和感が強いため、慣れるまでにある程度の時間を必要とします。ブリッジでは、土台となる場所をつくるために健康な歯を削らなければなりません。 おいしく物が食べられるか(違和感のないブリッジ)、今ある歯を維持したい(削らなくて済む入れ歯)など各処置のメリットとデメリットを考え、患者さまが納得される治療方法をご自身に選んでいただくようにしています。
ページトップへ戻る